「ち」の発音ができない悩みを克服



『さ行やら行など、言いにくい言葉が多々あります。特に「ち」の発音ができません。』
と滑舌のお悩みでお越しになった大学生の生徒さん。



♕ お悩みの内容

「さ行とた行が混ざると言いにくくなり、言えない言葉が沢山あります。
言いやすい単語に置き換えて話さなくてはならない悲しい状況です。」とのこと。



♕ 生徒さんの症状

話して頂く間も、「し」「ち」「き」など、母音に「い」を含む
言葉が全体的に話しづらそうですが、



お悩みを感じさせないくらい、とても明るく元気な女の子です。



発音時の「s」や「t」の空気の音が、
右側から強く出ているなど、偏りがありましたが、
これは、下記のことが原因で起きていました。

  • 舌先の位置のばらつき
  • 上下の歯の開き具合
  • 舌の力


♕ 改善のポイント

発音ができないのは、『「し」「ち」の発音ができない理由』の通り、
「し」や「ち」の発音の位置に間違いがあることが原因です。



滑舌トレーニング【さ行の発音理論】」でもご説明しました通り、
正しくさ行を発音するための5つのポイントを抑え、トレーニングを行うことが重要です。
「ち」はその延長線上にあるため、「s」音を整えることが先決。



♕ レッスン内容

症状に合わせて、下記トレーニングを行いました。

・舌先の位置を整える
・下顎の開き方
・余分な舌の力を省く



♕ レッスン後の変化

「いつもよりも、舌に力が入らずに、言いやすいです~!」と生徒さん。



素晴らしいです~!



「ち」の発音は、必要以上に力が入りやすいため、力を抜くことが必要ですが、
単に力を抜くのではなく、正しい「い」の発音にすることが必須なのです。



苦手意識があるため、文中の苦手な言葉では、「一瞬、身構えた感」がありましたが、
『発してみると、意外と「スッと」言えました!』とのこと。



「意識しないで言えるようになりたいです!練習頑張ります!」と勢いのある生徒さん。



ご自宅でも滑舌練習を頑張って頂きまして、先日の調子を伺うと、
『最近、会話で「さ行」の発音がしやすくなってきました!特に「ら行」は気になりません!』とのこと。



ブラボーです!



✦ 今後の課題 

最近は、単音で「し」「ち」の発音はできるようになってきましたので、
「さ行」と「た行」の組み合わせの言葉が改善するよう、引き続き、滑舌トレーニングを頑張って頂きたいと思います。



2018年9月以前の記事は、
滑舌矯正トレーナー・voice lesson justice代表の日々」をご覧ください。




日本初、滑舌トレーナーによる、滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンジャスです。
滑舌の診断も行なっていますので、詳しくはHPをご覧ください。
 ヴォイスレッスンジャス 





人気の投稿