滑舌トレーニング・俳優編



俳優や声優のお仕事をされている生徒さん。
滑舌を治したいです、とお越しになりました。



♕ お悩みの内容

セリフの中で、苦手な言葉や文章があると、躓いてしまう、とお悩みで、
「初見で躓いた箇所は、オーディションの時も、躓いてしまいます。」とのこと。



♕ 生徒さんの症状

俳優・声優さんというお仕事柄、お声に特長があり、とても優しい響きをお持ちです。
発音時の舌の位置を確認すると下記の発音の癖がありました。

  • 柔らかい声のため、息漏れしやすい
  • 舌が少し左右に傾く
  • 顎が前後に動く



♕ 改善のポイント

滑舌が悪くなる原因は「発音の癖」』でもご説明しました通り、
「舌の位置のズレ」により、発音の癖が起きますので、


「舌」を正しい位置にする訓練を行うことが、滑舌を良くするためのポイントです。



♕ レッスン内容

症状に合わせて、下記トレーニングを行いました。

声の響きを調整
舌の位置を整える
顎の位置の調整



♕ レッスン後の変化

舌を正しい位置で発音できるよう、舌のトレーニングを行なったことで、
文章をお読み頂きますと、「発音がしやすいです!」と生徒さん。
この時点で、顎の前後のズレも少なくなりました。



この状態をキープして頂くため、ご自宅でのトレーニングも頑張って頂きました。



♕ 生徒さんが感じた効果

「先日のオーディションの時、セリフが無事、躓かずに言えました!」とのこと。

ブラボーです!!

言いづらさが出る時には、下顎が前に出るなどありましたが、最近は、その形が少なくなり、固定ができてきたことも効果に繋がっています。


♕ 生徒さんの頑張りの成果


さ行など、苦手な言葉を克服しつつ、さらに最近の調子を伺うと、
「仕事の時、苦手なところでも言えるようになってきました!」とのことでした。

お仕事先で効果が出ていることが大変嬉しいです。
これも生徒さんがご自宅でのトレーニングを頑張って頂いている成果ですので、


生徒さんの頑張りに大大大拍手です。



✦ 今後の課題 

『声を作らず、「素」の声で話す時には、まだ、苦手な部分があります。』とのこと。

この原因は、生徒さんの声の「優しさ」と「リラックス」が関係していますので、


その点をサクサクと改善できるよう、引き続き、滑舌トレーニングを頑張って頂きたいと思います。



2018年9月以前の記事は、
滑舌矯正トレーナー・voice lesson justice代表の日々」をご覧ください。




日本初、滑舌トレーナーによる、滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う
東京・渋谷のヴォイスレッスンジャスです。
滑舌の診断も行なっていますので、詳しくはHPをご覧ください。
 ヴォイスレッスンジャス 





人気の投稿